[ホーム]

更新日 2018年9月22日

Ubuntu(64bit) 主に14.04以降
[Emacs] [TeXLive] [TeX Tips] [GCC] [数式処理] [Adobe Reader] [bash]
[Nautilus] [backup] [VirtualBox] [SSH] [メーラー] [セキュリティ][その他]
Ubuntu で dviout を動かす Wine + dviout
Vista と Ubuntu8.10 のデュアルブート化

国内ミラー
フォーラム Tips  Weekly Topics Weekly Recipe kledgeb
パッケージ検索 パッケージ管理

エクスプローラに対応するものは nautilus
コマンドプロンプトに対応するものは gnome-terminal
PDFビューアは evince ( Adobe Reader も利用可 )

18.10
Nvidia driver をインストール後 login できない場合 Alt + F2 で login してファイル
      /etc/gdm3/custom.conf
を編集して
      WaylandEnable=false
に変更する。

18.04
Ubuntu 18.04 LTSの変更点 16.04
カスタマイズ [↓]
dconf とCompizConfig設定マネージャを
      sudo apt-get install dconf-editor compizconfig-settings-manager
でインストールする。各種設定は システム設定,CompizConfig設定マネージャ によりGUIで変更できるが,端末から
      dconf write ..... あるいは gsettings set .....
でも変更できる。gconf で変更する場合もある( sudo apt-get install gconf-editor )。

システム設定(16.04) CompizConfig設定マネージャ(16.04)
起動はDash(画面左上のUbuntuロゴをクリック)に ccsm と入力する。 その他(16.04)
EMACS [↑] [↓]
  1. 端末で
          sudo apt-get install emacs
    を実行してインストールする。
  2. 日本語を表示するには ~/.emacs に
    (cond
       (window-system
         (set-default-font "TakaoGothic-10")
         (set-fontset-font
           (frame-parameter nil 'font)
           'japanese-jisx0208
           '("TakaoGothic" . "unicode-bmp")
         )))
    
    と書けばよい。利用可能なフォントは Emacs のメニューで Options → Set Default Font。
    あるいは端末で
          fc-list
    で表示し,例えば
          /usr/share/fonts/truetype/takao-gothic/TakaoGothic.ttf: Takaoゴシック,TakaoGothic:style=Regular
    ならば Takaoゴシック あるいは TakaoGothic を指定する。 システムのフォントは /usr/share/fonts にある。18.04の場合
          sudo apt install fonts-takao
    でTakaoフォントをインストールする。
  3. 日本語入力に mozc を使う。emacs-mozc をインストールし,~/.emacs に
    (require 'mozc)
    (set-language-environment "Japanese")
    (setq default-input-method "japanese-mozc")
    (setq mozc-candidate-style 'overlay)
    (global-set-key (kbd "<zenkaku-hankaku>") 'toggle-input-method)
    (add-hook 'mozc-mode-hook
      (lambda()
        (define-key mozc-mode-map (kbd "<zenkaku-hankaku>") 'toggle-input-method)))
    (add-hook 'input-method-activate-hook '(lambda () (set-cursor-color "Violetred")))
    (add-hook 'input-method-inactivate-hook '(lambda () (set-cursor-color "#000000")))
    
    を追加する。[半角/全角]キーで ON/OFF,ONの場合カーソルの色が になる。
    また,~/.Xresources に
          16.04の場合      Emacs24*useXIM: false
          18.04の場合      Emacs*useXIM: false
    を追加する( 憩いの場 )。
  4. Lispパッケージの追加
    フォルダ ~/lisp 以下にインストールする場合
         /usr/share/emacs24/site-lisp/subdirs.el
    を ~/lisp にコピーする,または
    (if (fboundp 'normal-top-level-add-subdirs-to-load-path)
        (normal-top-level-add-subdirs-to-load-path))
    
    を ~/lisp/subdirs.el として保存する。次に,~/.emacs の最初に
    (let ((dir (expand-file-name "~/lisp")))
        (if (member dir load-path) nil
            (setq load-path (cons dir load-path))
            (let ((default-directory dir))
                (load (expand-file-name "subdirs.el") t t t))))
    
    を追加し,lispパッケージを ~/lisp で展開する。
  5. emacs+yatex と evince の間での相互ジャンプ
    [ここ] から synctex-for-evince-yatex.el をダウンロードしインストールする。 .emacs に
    (require 'synctex-for-evince-yatex)
    (synctex-for-evince-dbus-initialize)
    (add-hook 'yatex-mode-hook
              '(lambda ()
               (YaTeX-define-key "e" 'synctex-for-evince-yatex-forward-search)))
    
    を追加する。
          CTRL-c e で emacs TeX → evince PDF
          CTRL-左クリック で evince PDF → emacs TeX
    TeXファイルは platex -synctex=1 でコンパイル,あるいは,TeXファイルのプリアンブルに \synctex=1 を書いてコンパイルする。dvipdfmx で dvi を PDF に変換する。
  6. menu-tree.el をインストールすると,Emacs23ではメニューが日本語になる。
  7. Emacs を起動すると勝手に最大化する場合 ~/.Xresources に
         Emacs.font:
    を追加すると最大化しない。
  8. 漢字が少ないと UTF-8 を SHIFT-JIS に誤認する場合,~/.emacs に
          (prefer-coding-system 'utf-8)
    を追加。
  9. Windowsの機種依存文字を含んだファイルが文字化けする場合
          CTRL-x RET r 文字コード RET
    文字コードは shift_jis ,r の後で SPACE とすれば文字コード一覧

TeX Live 2017 [↑] [↓]

CTAN 検索 一覧ファイル(9MB, 13万行) 
「ソフトウェアセンター」あるいは apt-get でインストールする場合( TeX/Debian ) TeXWiki 参照。
  1. TeX Live のホームページdownload から install-tl-unx.tar.gz をダウンロードする。
  2. install-tl-unx.tar.gz を適当なフォルダで展開し, 展開してできたフォルダ install-tl-yyyymmdd をカレントにして 端末(コマンドライン) を開く。
          sudo ./install-tl
    と入力すると
    ---------
    途中省略
    ---------
    Actions:
    I  start installation to hard disk
    H  help
    Q  quit
    
    Enter command: 
    
    と表示される。 I を入力すればインストールが始まる。これで特に問題はないが,4910MBと超巨大なディスクスペースを使う。
  3. 設定を変更してインストールを行うには,textモードでも行えるが,GUIモードの
          sudo ./install-tl --gui=perltk
    の方が変更しやすい。ただし,perl-tkが必要 になる。端末で
          sudo apt-get install perl-tk
    でインストールしておく。起動するとGUI画面が現れる。 必要に応じて設定を変更する。



    導入対象コレクション変更 をクリックし,例えば



    にする。更に,docツリーとソースツリーは導入しない。これで878MB程度になる。コレクション[Publisher・・・] は導入しない。REVTeX等は個別に導入する( styleの追加 )。TeX Live 2016から dvipdfmx は xdvipdfmx への symbolic link になったため XeTeXパッケージ もインストールする。
    「システムディレクトリにsymlinkを作成する」の 変更 をクリックし,「symlinkを標準ディレクトリに作成する」をチェックする。
     バイナリ先 /usr/local/bin
     manページ先  /usr/local/share/man
     Info先 /usr/local/share/info
    になる。/usr/local/bin は環境変数 PATH に含まれているが,実行ファイルが存在するフォルダ
          /usr/local/texlive/2017/bin/x86_64-linux/
    は PATH に含まれていない。TeX Liveの導入 をクリックしてインストールする。
    • 設定した内容はファイル
            /usr/local/texlive/2017/tlpkg/texlive.profile
      に保存される。このファイルを install-tl と同じフォルダにコピーして
            sudo ./install-tl --profile texlive.profile
      とすれば,同じ設定で直ぐにインストールできる。上の設定のtexlive.profile
    • download host は install-tl が近くの CTAN mirror を自動的に選択するが
            --repository http://mirror.example.org/its/ctan/path/texlive/tlnet
      で host を指定できる。 mirror一覧
            http://ftp.jaist.ac.jp/pub/CTAN/systems/texlive/tlnet
            http://ftp.kddilabs.jp/CTAN/systems/texlive/tlnet
      など。インストール終了後
            sudo tlmgr option repository http://mirror.example.org/its/ctan/path/texlive/tlnet
      とすると,これ以降は指定したサイトを使う。
    • symlinkを作成しない場合,環境変数 PATH を変更する。~/.profile に
            PATH=/usr/local/texlive/2017/bin/x86_64-linux:$PATH
      を追加するか,ファイル /etc/environment の PATH="・・・" を
            PATH="/usr/local/texlive/2017/bin/x86_64-linux:・・・"
      にする。ただし,sudo での PATH は変更されないため
            sudo /usr/local/texlive/2017/bin/x86_64-linux/tlmgr ・・・
      とする必要がある。symlink の作成・削除は
            sudo /usr/local/texlive/2017/bin/x86_64-linux/tlmgr path [add|remove]
      で行える。
  4. 追加・削除・更新は TeX Live package manager の tlmgr で行う( tlmgrのドキュメント )。
    TeXWiki tlmgr 参照
     更新  sudo tlmgr update --self --all
     全削除  sudo tlmgr remove --all
     GUI起動 sudo tlmgr gui
     検索   tlmgr info [collections|schemes|pkg...]
    オプションなしで全リスト表示
  5. styleファイル等の追加( [ここ]も参照 )
    パッケージ名がわかっていれば,例えば
            sudo tlmgr install rsfso revtex revtex4 pdfcrop standalone ulem
            sudo ln -s /usr/local/texlive/2017/texmf-dist/scripts/pdfcrop/pdfcrop.pl /usr/local/bin/pdfcrop
    
    rsfsoは[追加フォント],revtexは[Publisher],pdfcropは[TeX外部プログラム], standaloneは[LaTeX追加] に含まれる。
    あるいは,sudo tlmgr gui でGUI起動し,規定値を読み込む をクリックした後,一致検索 の入力欄に,例えば pdfcrop と入力すると



    と表示される。パッケージ名の前の □ をクリックして 導入 をクリックするとインストールされる。
  6. yatex をインストールするには
          sudo apt-get --no-install-recommends install yatex
    とする。--no-install-recommends を付けないと,TeX/Debian 一式もインストールされる。
    あるいは,Lispパッケージの追加 に従い, yatex1.79.1.tar.gz を手動でインストールする。
    ダミーパッケージを作成すると TeX/Debian との依存関係を回避できる( tug.org )

TeX Tips [↑] [↓]
  1. emacs + yatex ⇔ evince
  2. CTANにないstyleファイルの追加( フォントについては 6.-7. )
    フォルダ ~/texmf の下に,例えばフォルダ tex を作る。このフォルダに各styleファイルごとにフォルダを作るか、直接, フォルダ tex にファイルを置く。~/texmf でなく ~/.texmf-var でもよい。
          kpsewhich -var-value=TEXINPUTS
    で確認する。
  3. 漢字コードのデフォルトは utf8 のため,JIS第1,2水準にない漢字も普通に使える。 ただし,uplatex でコンパイル,dvipdfmx でPDFにする。
    \documentclass{ujarticle} % jarticle ではなく ujarticle
    \begin{document}
    﨑崎
    \end{document}
    
  4. texファイルを一気に utf8 に変換するには find + nkf を用いれば簡単。安全のためバックアップをした後で
          find . -name '*.tex' -type f -exec nkf -w -d --overwrite '{}' \;
    とすれば,カレント・フォルダ以下のすべての texファイルを変換する。
  5. PDF のしおりで日本語が文字化けする場合
          \usepackage{pxjahyper}
    として pxjahyper を使う。
  6. Takaoフォントを埋め込んだPDFの作成
    フォルダ ~/texmf/fonts/truetype をカレントにして( フォルダがなければ作成 )端末を開き
          ln -s /usr/share/fonts/truetype/takao-gothic takao-gothic
          ln -s /usr/share/fonts/truetype/takao-mincho takao-mincho
    とする。
          kpsewhich TakaoMincho.ttf
    とすると
          /home/username/texmf/fonts/truetype/takao-mincho/TakaoMincho.ttf
    になることを確認する。ファイル ~/texmf/fonts/map/takao.map
    rml    H   TakaoMincho.ttf
    rmlv   V   TakaoMincho.ttf
    gbm    H   TakaoGothic.ttf
    gbmv   V   TakaoGothic.ttf
    
    を作成する( TakaoExMincho, TakaoExGothic に置き換えてもよい )。mapファイルの置き場は
          kpsewhich -var-value=TEXFONTMAPS
    で調べられる。
          dvipdfmx -f takao.map dviファイル
    とすると Takaoフォントを埋め込んだPDFが作成できる。
  7. Googleのフォント NotoSansCJK あるいは Adobeのフォント SourceHanSansJPuplatex + dvipdfmx で使う。
    16.04では NotoSansCJK ( /usr/share/fonts/opentype/noto/ )はインストール済み。文字の太さは
           Thin < Light < DemiLight < Regular < Medium < Bold < Black
    TrueType形式に変換した源真ゴシックも存在する。文字の太さは
           ExtraLight < Light < Normal < Regular < Medium < Bold < Heavy

    フォルダ ~/texmf/fonts/opentype をカレントにして( フォルダがなければ作成 )端末を開き
          ln -s /usr/share/fonts/opentype/noto noto
    とする。
          kpsewhich NotoSansCJK-Bold.ttc
    とすると
          /home/username/texmf/fonts/opentype/noto/NotoSansCJK-Bold.ttc
    になることを確認する。mapファイル ~/texmf/fonts/map/noto.map
    urml	unicode NotoSansCJK-Light.ttc
    urmlv	unicode NotoSansCJK-Light.ttc
    ugbm	unicode NotoSansCJK-Regular.ttc
    ugbmv	unicode NotoSansCJK-Regular.ttc
    uprml-h	unicode NotoSansCJK-Light.ttc
    uprml-v	unicode NotoSansCJK-Light.ttc
    upgbm-h	unicode NotoSansCJK-Regular.ttc
    upgbm-v	unicode NotoSansCJK-Regular.ttc
    uprml-hq	unicode NotoSansCJK-Light.ttc
    upgbm-hq	unicode NotoSansCJK-Regular.ttc 
    
    を作成する( Light, Regular の代わりに Black, Bold, DemiLight, Medium, Thin でもよい )。 TeXファイルを
          \documentclass{ujarticle} % jarticle ではなく ujarticle
    で作成する。
          uplatex hogehoge; dvipdfmx -f noto.map hogehoge
    でpdfファイルにする。
  8. bbox の取得
    gs -q -dSAFER -dNOPAUSE -dBATCH -sDEVICE=bbox hoge.pdf
    
  9. PDFのバージョン変換
    gs -sDEVICE=pdfwrite -dNOPAUSE -dBATCH -dSAFER -dCompatibilityLevel=1.4 -sOutputFile=output.pdf input.pdf
    
  10. PDFの縮小印刷
    pdfpagesパッケージを使い pdflatex でコンパイルする。
    \documentclass[a4paper,landscape]{article}
    \usepackage{pdfpages}
    \begin{document}
    \includepdf[pages={1-},nup=2x2,frame=true,column=true]{hogehoge.pdf}
    \end{document}
    
  11. PDFの余白の削除 pdfcrop
          pdfcrop --margins 5 hogehoge.pdf
  12. 余白のないPDF
    \documentclass[border=1pt,class=jarticle]{standalone}
    \begin{document}
    
    \end{documnet}
    
    でdviファイルを作成し dvipdfmx hoge.dvi で pdf にする。
    hoge.pdf の bbox: x0 y0 x1 y1 を取得する。
  13. pdf用紙サイズの指定
    \begin{document} の後で,例えば
          \special{pdf:pagesize width 15.2cm height 9.2cm xoffset -0.1cm yoffset 1.5cm}
    として
          platex hogehoge; dvipdfmx hogehoge

GCC [↑] [↓]

      GCC online documentation
      Intel complier ( Non-commercial )
      Using Intel Compilers for Linux with Ubuntu
  1. ヘッダファイルやライブラリがない場合,apt-file をインストールする。
          apt-file update
    を一度実行し
          apt-file search 検索したいファイル名
  2. 4.8以降は gcc -fsanitize=address により Buffer Overflow のチェックが可能である。
  3. Linux では valgrind で Buffer Overflow のチェックができる。gcc または gfortran で -g オプションを付けてコンパイルし
          valgrind 実行ファイル名
    valgrind はSynapticパッケージマネージャでインストールできる。
  4. リンクオプションの順番に依存してコンパイル・エラーになる場合
          -Wl,--no-as-needed
    をつけてコンパイルしてみる( Ubuntuフォーラム )。

数式処理 [↑] [↓]

Maxima Ubuntu用の wxMaxima最新版は launchpad.net/~blahota にある。端末で
      sudo add-apt-repository ppa:blahota/wxmaxima
      sudo apt-get update
      sudo apt-get install wxmaxima
編集 → 設定 で「Enterでセルを評価」をチェックすると,SHIFT+Enter ではなく Enter でセルを評価する。
日本語マニュアル
      /usr/share/doc/maxima-doc/html/ に maxima??.html を展開すると wxmaximaの ヘルプ --> Maximaのヘルプ で表示

REDUCE Ubuntu用は sourceforge.net:reduce にある。GetDeb にもある。
スクリーンショット( Windows版。Ubuntuでも同じ )


Adobe Reader [↑] [↓]

Linux用の Adobe Reader は2013年頃から提供されてないが,9.5.5 のdebファイルをインストールすれば使える。プリンタ出力は evince よりも綺麗。
  1. パッケージのダウンロード
    wget ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/reader/unix/9.x/9.5.5/enu/AdbeRdr9.5.5-1_i386linux_enu.deb
    wget ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/reader/unix/9.x/9.1/misc/FontPack910_jpn_i486-linux.tar.bz2
    
  2. gdebi をインストールする。
          sudo apt install gdebi
  3. debパッケージのインストール
          sudo gdebi AdbeRdr9.5.5-1_i386linux_enu.deb
    必要なライブラリも自動的にインストールされる。
  4. 日本語フォントのインストール( 日本語フォントが埋め込まれていないPDFのとき必要 )
    tar jxvf FontPack910_jpn_i486-linux.tar.bz2
    sudo JPNKIT/INSTALL
    
    明朝体フォント KozMinPr6N-Regular.otf は
          /opt/Adobe/Reader9/Resource/CIDFont/
    にあるが,ゴシック体フォント KozGoPr6N-Medium.otf は付属しない。8.1.7 あるいはWindows版には含まれている。
  5. 端末で acroread とすると Adobe Reader が起動する。あるいは,nautilus でPDFファイルを右クリックし
          [別のアプリで開く] --> [別のアプリケーション]
    で Adobe Reader 9 を指定する。なお,/usr/share/applications/AdobeReader.desktop で
          Exec=acroread → Exec=acroread %f
    に変更する。
  6. JavaScriptの無効化
          Edit --> Preferences --> JavaScript --> Enable Acrobat JavaScript のチェックOFF

BASH [↑] [↓]
  1. メニューの [編集] → [プロファイルの設定] でも行える。
    ~/.fonts にあるフォントを利用する。
          gconftool-2 --set /apps/gnome-terminal/profiles/Default/font --type string "VL ゴシック 11"
    スクロースを無制限にする。
          gconftool-2 --set /apps/gnome-terminal/profiles/Default/scrollback_unlimited --type bool true
    端末サイズを 100列,50行にする。
          gconftool-2 --get /apps/gnome-terminal/profiles/Default/default_size_columns --type int 100
          gconftool-2 --set /apps/gnome-terminal/profiles/Default/default_size_rows --type int 50
  2. ~/.bashrc に
    ## 現セッションにおける重複コマンドは消去して入力履歴に記録
    export HISTCONTROL=erasedups
    ## 2文字以下と exit は履歴に記録しない
    export HISTIGNORE=?:??:exit
    ## ↑,↓ で履歴を前方一致検索
    bind '"\e[A": history-search-backward'
    bind '"\e[B": history-search-forward'
    ## C-p, C-n で履歴を前方一致検索
    #bind '"\C-p": history-search-backward'
    #bind '"\C-n": history-search-forward'
    
    履歴の整理はファイル ~/.bash_history をエディタで編集する。
  3. alias は引数をとれないが,.bashrc に function を定義すれば引数付き alias を作れる。例えば
    function ccc(){
          gcc -s -Wall -O3 -ffast-math -mtune=core2 -o $1 $1.c -lm $2 $3 $4 $5
    }
    と書いておけば ccc abc -fopenmp で
          gcc -s -Wall -O3 -ffast-math -mtune=core2 -o abc abc.c -lm -fopenmp
    と入力したことと同じ。
  4. ls の色
    Ubuntu では ~/.bashrc に
          eval "`dircolors -b`"
          alias ls='ls --color=auto'
    と書いてあり,ls を実行するとファイルの属性により色付けされて表示される。 これを変更するには,端末で
          dircolors -p > ~/.dir_colors
    として ~/.dir_colors を作成しこれを編集する。色の指定法は .dir_colors に書いてある。~/.dir_colors で指定した色を反映させるには ~/.bashrc で eval "`dircolors -b`" の部分を
          eval "`dircolors -b ~/.dir_colors`"
    に変更する。

Nautilus [↑] [↓]
  1. スクリプトファイルのフォルダ  ~/.local/share/nautilus/scripts
    ブックマークの保存ファイル~/.config/gtk-3.0/bookmarks
    デスクトップなどの指定~/.config/usr-dirs.dirs
  2. Nautilus-script 日本語フォーラム palepoli.skr.jp
    例えば
          #!/bin/sh
          gksudo gnome-open $NAUTILUS_SCRIPT_SELECTED_FILE_PATHS
    をファイル ~/.local/share/nautilus/scripts/gksu-open として保存する( 実行可にする )。フォルダまたはファイルを右クリックし
          スクリプト → gksu-open
    とすると管理者権限で開くことになる。
  3. ファイルあるいはフォルダをクリックし Ctrl-c とするとフルパス名をクリップボードにコピー
  4. 関連付け
    ファイルマネージャでファイルを右クリックして
          プロパティ → 開き方
    で選択する。選択一覧にないコマンドを指定するには,フォルダ
          ~/.local/share/applications
    に .desktopファイルを作成すれば「別のアプリケーション」に表示される。
          /usr/share/applications       /usr/share/app-install/desktop
    に各種 .desktopファイルがある。
    具体例 dviout.desktop
    [Desktop Entry]
    Version=1.0
    Type=Application
    Terminal=false
    Name=DVIOUT
    Comment=dviout で dviファイル表示
    Exec=wine dviout %f
    Icon=/home/username/.icons/dviout.svg
    Categories=Wine;
    
    .desktopファイルの仕様は
          Desktop Entry Specification   日本語フォーラム
  5. AddingMimeTypes
    ファイルのMIMEタイプは
          xdg-mime query filetype ファイル
    PDFファイルの場合 application/pdf になる。MIMEタイプを起動するデフォルトのコマンドは
          xdg-mime query default MIMEタイプ
    で分かる。MIMEタイプを追加するには,xmlファイルをフォルダ
           ~/.local/share/mime/packages/
    に作成し
          update-mime-database ~/.local/share/mime
    を実行する。nautilusで表示されるアイコンの変更はxmlファイルに
          <icon name="filename"/>
    を追加し,画像ファイル ~./icons/filename.svg , filename.png などを作成する。 ファイルマネージャ Thunar の場合
          filename=MIMEタイプの/を-で置き換えるたもの
    とすると,画像ファイルを作成するだけでアイコンが変わる場合がある。
          xmlファイル : /usr/share/mime/  アイコン : /usr/share/icons/
  6. フォルダの共有
    • ブックマーク
      接続先PC(OS:Ubuntu)に
            sudo apt-get install ssh
      をインストールしてsshサーバーにする。
    • Samba
      共有するフォルダを右クリックし 共有のオプション を選択する。「このフォルダを共有する」をチェックすると,必要なパッケージがインストールされる。
            sudo smbpasswd -a ユーザ名
      でユーザ名とパスワードを設定する。
    • NFS パソコン手探り 参照
      • server, client ともに portmap nfs-common nfs-kernel-server をインストールする。Ubuntu 11.04 の場合
            sudo apt-get install nfs-kernel-server
      で必要なパッケージもインストールされる。
      • server の設定ファイル /etc/exports に
            /server/export/folder client.ip.address(rw)
      を追加する。rw ( read-write ) の代わりに ro ( read-only ) でもよい。ip address は端末で ifconfig とすれば分かる。
      • client で
            sudo mount -t nfs server.ip.address:/server/export/folder /client/mount/folder
      を実行する。mount解除は
            sudo umount /client/mount/folder
      • 例えば server 11.11.11.11 のフォルダ /home/username を client 11.11.11.22 のフォルダ /media/nfs にmountするとき,/etc/exports に
            /home/username 11.11.11.22(rw)
      を追加しフォルダ /media/nfs を作成する。client で
            sudo mount -t nfs 11.11.11.11:/home/username /media/nfs
      とする。
  7. Nautilusの デバイス欄 から不要なデバイスを非表示  worldofnubcraft.com
    ファイル /etc/udev/rules.d/99-hide-disks.rules に
          KERNEL=="device name", ENV{UDISKS_PRESENTATION_HIDE}="1"
    を記述する。device name は非表示にするデバイス( sda1, sdb2, fd* など )
    あるいは,gnome-disks を使い「マウントオプション」で変更する。
  8. zip解凍時,日本語のファイル名が文字化け
    xarchiver と Japanese Team の unzip をインストールする。
    16.04  ubuntu-defaults-ja_16.04-0ubuntu1~ja3_all.deb に含まれる
          unzip-default-charset.sh
    を /etc/profile.d/ にコピー
ファイルマネージャ Thunar のインストールは端末で
      sudo apt-get install thunar
端末を開く
編集 →アクションの設定 → 端末を開く で コマンド に
[ -d %f ] && exo-open --working-directory %f --launch TerminalEmulator || exo-open --working-directory %d --launch TerminalEmulator
あるいは
[ -d %f ] && gnome-terminal --working-directory=%f || gnome-terminal --working-directory=%d
にして 登場する条件 をすべてにする。

rsync によるバックアップ [↑] [↓]

使用法は
 rsync [オプション] コピー元 コピー先
コピー元とコピー先を比較し,更新分だけコピー先にコピーする。
      コピー元 /home/username/
      mountしたHD /media/username/disk
とする。
 rsync -av --delete /home/username /media/username/disk
あるいは
 rsync -av --delete /home/username/ /media/username/disk/username/
で外付けHDのフォルダ username にコピーする。 オプションについては rsync --help あるいは ITmedia
  1. -n を付け -nav とすれば実際にはコピーしない。確認用。
  2. --delete ( コピー元で削除したファイルはコピー先でも削除 )を指定したとき
     IO error encountered -- skipping file deletion
    で削除できないなら --ignore-errors を追加する。
  3. バックアップ対象外のファイルやフォルダは
     --exclude 'パターン' あるいは --exclude-form=FILE
    で指定する。FILE は1行につき1つのパターンを記述したファイルで,フルパスで指定する。
    /home/username/exclude.txt が
     .xsession-errors
     temp/
    の場合
     --exclude-form=/home/username/exclude.txt
    とすると,コピー元が /home/username のとき
     ファイル /home/username/.xsession-errors
     フォルダ /home/username/temp
    が除外される。

VirtualBox [↑] [↓]
  1. 最新版は Download VirtualBox を参照して PPA を追加しインストールする。
    sudo sh -c 'echo "deb http://download.virtualbox.org/virtualbox/debian xenial contrib" >> /etc/apt/sources.list'
    wget -q https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox_2016.asc -O- | sudo apt-key add -
    wget -q https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox.asc -O- | sudo apt-key add -
    sudo apt-get update
    sudo apt-get install virtualbox-5.0
    
    dkms がインストールされてない場合,事前にインストールしておく。
  2. 端末で virtualbox とすれば起動する。
  3. VirtualBox で新規に OS をインストールする場合,新規ディスクの作成で可変サイズのサイズは最大サイズを意味する。デフォルトの 10GB では足りなくなることもあるので,大きめにしておく。足らなくなれば
          VBoxManage modifyhd vdiファイル --resize サイズ(Mbytes単位)
    で変更はできる。
  4. VirtualBox にインストールした Guest OS で USB を使うには
          sudo gpasswd -a ユーザ名 vboxusers
    として,グループ vboxusers に自分自身をグループメンバに追加し再起動する。
    VirtualBox Extension Pack をインストールする必要がある。
          http://download.virtualbox.org/virtualbox/
    の VirtualBoxのversionフォルダにある Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack をダウンドードし,VirtualBox の
          ファイル → 環境設定 → 機能拡張
    でインストールする。あるいは,ファイルマネージャ(nautilus)でダウンロードしたファイルをダブルクリックすればよい。端末で行うには
          sudo VBoxManage extpack install Extension_Packのファイル名
    アンインストールするには
          sudo VBoxManage extpack uninstall "Oracle VM VirtualBox Extension Pack"
  5. 可変長vdiファイルの縮小 Guest OS:Windows
    Windowsに sdeleteMyDefrag をインストールする。MyDefrag で Consolidate free space を実行し,ファイルをディスクの先頭へ移動させる。次に,コマンドプロンプトを開き( Windows7の場合は管理者権限で ) sdelete.exe があるフォルダで
          sdelete -z
    を実行する。Windowsを終了し
          VBoxManage modifyhd example.vdi --compact
    を行う。
  6. 仮想OSファイル( vdiファイル )の取り込み
    フォルダ VirtualBox VMs に適当なフォルダ( 例えば win7 )を作成し,そこにvboxファイルとvdiファイルをコピー。
    VirtualBox のメニュー 仮想マシン → 追加 でvboxファイルを選択する。
  7. Wine と Guest OS : Windows でファイルを共通して使う
    • Windows を起動し,VirtualBox のメニューで デバイス → Guest Additions CDイメージの挿入... により Guest Additions をインストールし終了する。
    • VirtualBox の Windows設定の 共有フォルダ で
          フォルダのパス /home/username/.wine/drive_c
          フォルダ名   drive_c
    として追加する。
    • Windows を起動し explorer → ツール → ネットワーク ドライブの割り当て → 参照 で
           VirtualBox Shared Folders の \\VBOXSVR\drive_c
    を選択し,適当なドライブ名,例えば U: を割り当てる。あるいは,コマンドプロンプトで
           net use u: \\vboxsvr\drive_c
    • Wine で [ここ] の設定を行えば,Windows に改めてインストールしなくても,W32TeX, dviout, Ghostscript が使える。ただし,Windowsで環境変数 PATH に
          U:\usr\local\bin;U:\gs\bin;U:\gs\lib
    を追加し,新たな環境変数 GS_LIB に
          U:/gs/lib;U:/gs/Resource/Init;U:/gs/kanji
    を設定する。
    Windows7 の場合,exe実行時「発行元を確認できませんでした」を非表示にするには Internet Explorer で
          ツール → インターネットオプション → セキュリティ → ローカルイントラネット → サイト → 詳細設定
    で \\VBOXSVR を追加する。

SSHの自動LOGIN [↑] [↓]
  1. PCのフォルダ ~/.ssh をカレントにして端末で
          ssh-keygen -t rsa
    を実行する。問い合わせに対しては何も入力せず Enter のみ。
    秘密鍵 id_rsa,公開鍵 id_rsa.pub が作成される。
    chmod 600 id_rsa, chmod 600 id_rsa.pub にする。
  2. ホストにフォルダ ~/.ssh を作成しておき,scp あるいは sftp でホストのフォルダ ~/.ssh に id_rsa.pub を転送する。scp なら
          scp id_rsa.pub username@host:.ssh
    でよいはず。ホストの ~/.ssh にファイル authorized_keys がないなら,id_rsa.pub を authorized_keys に rename する。あれば
          cat id_rsa.pub >> authorized_keys
    として追加する。chmod 600 authorized_keys
  3. PC で ssh username@host としてホストに自動loginできれば成功。失敗した場合 authorized_keys を authorized_keys2 に rename してみる。
    デフォルトの秘密鍵は ssh Ver.2 では ~/.ssh/id_rsa であるが,別ファイルを指定するには
          ssh -i 秘密鍵ファイル username@host
    あるいは ~/.ssh/config
          Host ホスト名(適当)
             HostName 本当のホスト名
             User loginユーザ名
             IdentityFile ~/.ssh/秘密鍵ファイル
    と書けば ssh ホスト名(適当) でよい。
  4. ファイルマネージャ( nautilus, Thunar )のブックマークで自動接続
    ファイル ~/.config/gtk-3.0/bookmarks をエディタで開き
          sftp://username@ホストのアドレス/ホストのフォルダ 適当な名前
    を追加すると,ブックマークに 適当な名前 が追加される。適当な名前 をクリックすると ホストのフォルダ が開く。
    デフォルトの秘密鍵以外を指定するには ~/.ssh/config で指定する。

メーラー [↑] [↓]
  1. Synapticパッケージマネージャで sylpheed (シルフィード ) をインストールする。設定は Windows のメーラーと同様( Windows版 もある )。 Weekly Recipe 119
    最新版は Vormweg にある。
  2. Synapticパッケージマネージャで bsfilter ( ベイジアン方式によるスパムフィルター )をインストールし,sylpheed の
          設定 → 全般の設定 → 迷惑メール → 迷惑メール対策を有効にする
    迷惑メールを非迷惑メールと誤認したら sylpheed のメニューのボタン [迷惑メール] をクリックするだけ。しばらく使っていれば,迷惑メールを誤認することはほとんどなくなる。
  3. Sylph-Searcher
    12.10の場合
          sudo apt-get install sylph-searcher postgresql
    でインストールする。設定は
          sudo su - postgres
          createuser ユーザ名
          createdb -O ユーザ名 -E UTF-8 sylph
          exit
    次に
          psql -f /usr/share/sylph-searcher/sql/create.sql sylph
          syldbimport -d sylph -r "#mh/メール箱"
    データベースの更新は
          syldbimport -d sylph -r "#mh/メール箱"
    を再度行う。初回だけ時間がかかる。"#mh/メール箱" の代わりにフォルダを指定して,例えば /home/username/Mail でもよい。検索は
          syldbquery -d sylph 検索語
    GUIの場合 [設定] でデータベース名だけ sylph を指定する。
    データベースが作成できない場合
          /etc/postgresql/9.1/main/postgresql.conf
    を編集して
          external_pid_file = '/var/run/postgresql/9.1-main.pid'
          unix_socket_directory = '/var/run/postgresql'
          port = 5432
    にしてみる。

    ユーザ,DBの削除
          sudo su - postgres
          dropuser ユーザ名
          dropdb DB名

セキュリティ [↑] [↓]
  1. ファイア・ウォール Weekly Recipe 353
    ファイア・ウォール ufw は最初からインストールされているが,機能していない。
          sudo apt-get install gufw
    で GUI の gufw をインストールして設定する。16.04以降は
          sudo apt-get install python-gobject
    で python-gobject もインストールする。設定値は
          /etc/gufw/[自宅|会社|パブリック].profile
    に保存される。
    ネットワーク・プリンタを設定する場合,ファイア・ウォールをOFFにして設定後ONにする。
  2. ブラウザでサードパーティCookieの保存を常に拒否
    Firefox    設定 → プライバシー → 記憶させる履歴を詳細設定
    Chrome 設定 → プライバシー → コンテンツの設定
  3. Linux用ウイルス対策ソフトまとめ  Comodo Antivirus for Linux ( ダウンロード )
    Clam Antivirus のインストールは( Weekly Recipe 429 )
          sudo apt-get install clamav
    GUIで操作するには clamtk もインストールする。最新版は Google
    • /home/username 以下にあるファイルをチェックするには
            clamscan -i -r /home/username
    • デフォルトでは起動ファイル
      14.04 /etc/init.d/clamav-freshclam
      15.04 /lib/systemd/system/clamav-freshclam.service
      により freshclam が常駐し, 1時間ごとにデータベース更新をチェックする。設定は
            /etc/clamav/freshclam.conf
      で変更できる。
            sudo systemctl disable clamav-freshclam
      とすれば,PC起動時に常駐しない。ファイル /etc/cron.daily/fclam
            #!/bin/sh
            freshclam --quiet
      を作成し実行可にすれば,1日に1回だけチェックする。
    • clamav をデーモン化するには
            sudo apt-get install clamav-daemon
      で clamd と clamdscan をインストールする。clamd は常駐する。メモリを300MB程度使う。
            clamdscan -m --fdpass ディレクトリ
      --fdpass を付けないと,アクセス権限 600 のファイルは Access denied になる。マルチコアの場合 -m を付けると高速にスキャンする。
            sudo service clamav-daemon [status | start | stop]
  4. ファイルの暗号化
    端末で
          gpg -c filename
    としてパスワードを入力すると暗号化ファイル filename.gpg が作成される。復元は
          gpg filename.gpg
    emacs の場合
          emacs filename.gpg
    としてパスワードを入力すると自動的に復元化され編集できる。ただし,保存するときパスワードを2回入力する必要がある。パスワード入力を回避するには
          gpg --gen-key
    でPGP鍵を生成する。このとき 本名、コメント、メールアドレス を入力する。鍵生成には時間がかかる。生成した鍵は ~/.gnupg/ に保存される。暗号化ファイルの先頭に
    -*- epa-file-encrypt-to: ("メールアドレス") -*-
    
    を追加する。
    ディレクトリの暗号化
          gpg-zip -o foo.tar.gpg -c foo # 暗号化
          gpg-zip -d foo.tar.gpg # 復号化

  5. 通信の監視 Weekly Recipe 367
    Wireshark をインストールする。端末で
          sudo apt-get -y install wireshark
    選択画面で
          非特権ユーザが ・・・ ?
    ではTABキーを押し <はい> を選択する。インストールの後で
          sudo dpkg-reconfigure wireshark-common
    でもよい。
          sudo gpasswd -a ユーザ名 wireshark
    とし再起動する。端末で
          wireshark
    としたとき
          GLib-GObject-WARNING **: invalid unclassed pointer in cast to 'GtkScrollbar'
    などのエラーが発生する場合
          env LIBOVERLAY_SCROLLBAR=0 wireshark
    で起動するか,~/.local/share/applications/wireshark.desktop
    [Desktop Entry]
    Encoding=UTF-8
    Version=1.0
    Type=Application
    Exec=env LIBOVERLAY_SCROLLBAR=0 wireshark
    Icon=/usr/share/icons/hicolor/scalable/apps/wireshark.svg
    Name=Wireshark
    
    を作成し wireshark.desktop を起動する。
    Filter を ip.addr == IPアドレス にすれば,指定したIPアドレスの通信を監視できる。

その他( アプリ関連 ) [↑] [↓]
  1. ispell で
         No word lists can be found for the language "ja_JP"
    andLinux上に論文執筆環境を整える より ~/.aspell.conf に
         lang en_US
  2. mp3ファイル
    mp3への変換  curlew
    タグ編集  sudo apt install easytag
    タグ文字化け対策  Ubuntu Music Hour
  3. mozc
     設定/usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=config_dialog
     手書き入力/usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=hand_writing
     単語登録/usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=word_register_dialog
     文字パレット /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=character_palette
  4. find( 指定したフォルダ以下の階層から条件に合うファイル・フォルダを検索 )
    ファイル検索だけなら mlocate でよい。
    • カレントフォルダ以下の全てのフォルダを rwxr-xr-x, ファイルを rw-r--r-- にする。
          find . -type d -exec chmod 755 '{}' +
          find . -type f -exec chmod 644 '{}' +
    • texファイルをEUCに変換するには
          find . -name '*.tex' -type f -exec nkf -e -d --overwrite '{}' \;
      この場合,ファイル数が多いと + ではオープンするファイル数が制限を越えることがある。
    • 拡張子なしファイルだけ( . を含むフォルダは除く )
            find フルパス名 -regex "[^.]*" -type f
      リンク切れ
            find . -xtype l
    • ある操作で変更されたファイルを見つける。( 日本語フォーラム )
      cd; touch hoge
      ある操作を行う
      find . -newer hoge
  5. 再帰的に grep
          grep -r --include=*.tex 検索語
          find . -name '*.tex' |xargs grep 検索語
          find . -name '*.tex' -exec grep 検索語 '{}' +
  6. sudoの使い方
  7. ネットワークの切断・接続
          sudo service network-manager [stop|start]
    あるネットワークデバイスだけ
          sudo ip link set [down|up] ネットワークデバイス名

    nmcli ( command-line tool for controlling NetworkManager )
          nmcli dev connect デバイス名
          nmcli dev disconnect デバイス名
    sudo は不要。デバイス名は
          nmcli dev
    で表示される。
  8. Gnome で suspendからの復帰時にpassword入力回避
    ファイル /lib/systemd/system-sleep/unlock_suspend
    #!/bin/bash
    [ "$1" = "post" ] && sleep 1 && loginctl unlock-sessions  
    
    を作成し
          sudo chmod 755 /lib/systemd/system-sleep/unlock_suspend
  9. VNCでリモート接続   Weekly Recipe 411
    サーバー側
    端末で
          vino-preferences
    として vino の設定をする。
          他のユーザーが自分のデスクトップを表示できる ON
          他のユーザーがデスクトップを操作できる ON
          このマシンへの接続を毎回確認する OFF
          パスワードの入力を要求する ON パスワード設定
    ファイヤー・ウォールを設定している場合 port 5900 を開ける。
    接続できない場合
          /usr/lib/vino/vino-server
    を自動起動するプログラムに追加する( gnome-session-properties )。
    クライアン側
    端末で
          remmina
    として
          プロトコル VNC - 仮想ネットワークコンピューティング
          サーバー サーバー側のIPアドレス
    とし,ユーザ名とパスワードを入力する。
    設定値はファイル ~/.remmina/hogehoge.remmina に保存される。端末で
          remmina -c ~/.remmina/hogehoge.remmina
    とすれば直接接続する。
  10. プリンタ  Weekly Recipe 218
    ・ OKI C610-dn2
    OKIデータ から OKC610_a.ppd.gz をダウンドードして適当なフォルダに展開する。プリンタの追加の「ドライバーの選択」で「PPDファイルを提供」にし,展開したPPDファイルを指定する。
    ・ brother HL-4050CDN USB接続するだけで利用可
    ・ 登録プリンタの情報は /etc/cups/printers.conf
    ・ http://localhost:631/ にアクセスすることでブラウザから設定
    ・ PDF printer
          sudo apt install printer-driver-cups-pdf
     出力先 ./PDF/ を変更するには
          /etc/cups/cups-pdf.conf : Out @{HOME}/PDF
          /etc/apparmor.d/usr.sbin.cupsd : @{HOME}/PDF/ w, @{HOME}/PDF/* w
     の PDF を変更し再起動。
  11. OCR  tesseract-ocr gimagereader
  12. GNOME全文検索 Weekly Recipe 482
  13. Webページ更新チェッカ specto

その他( システム関連 ) [↑] [↓]
  1. 全ユーザのデフォルトPATHの変更
          /etc/environment
    を編集する。sudoでのPATHを変更するには
          /etc/sudoers
    を編集する( ここ参照 )。
  2. ハイバネート( メモリ上の作業内容をハードディスクに退避させ電源OFF,次回起動時に再開 )
    Ubuntu14.04の場合,ファイル /etc/polkit-1/localauthority/50-local.d/com.ubuntu.enable-hibernate.pkla
    [Re-enable hibernate by default in upower]
    Identity=unix-user:*
    Action=org.freedesktop.upower.hibernate
    ResultActive=yes
    
    [Re-enable hibernate by default in logind]
    Identity=unix-user:*
    Action=org.freedesktop.login1.hibernate
    ResultActive=yes
    
    を作成する。
  3. スワップ
    /etc/sysctl.conf で
          vm.swappiness=0
    とすると物理メモリを使いきるまでスワップしない。デフォルトは 60
          cat /proc/sys/vm/swappiness
    で確認できる。
  4. SSDのTRIM有効化 BoozerBlog
    Web UPd8 によれば /etc/fstab に discard を加えるにはよくないらしい。 /etc/cron.daily/trim
    #!/bin/sh
    LOG=/var/log/trim.log
    echo "*** $(date -R) ***" >> $LOG
    fstrim -v / >> $LOG
    fstrim -v /home >> $LOG
    
    を作成し実行可にする。18.04 では週に1回自動実行 [ここ]
  5. 古いカーネルの削除
    起動メニューから他のOSの起動( 例えば Windows )を削除するには /etc/grub.d/30_os-prober を実行不可能にして
          sudo update-grub
    を実行する。
  6. OS起動時のディスクチェック
    起動デバイスが /dev/sda1 の場合
          sudo tune2fs -l /dev/sda1
    で表示される Maximum mount count が起動時のチェックの間隔を表す。
          sudo tune2fs -c 100 /dev/sda1
    とすると,起動100回ごとにチェックする。
  7. 時刻設定
    Windows とのデュアルブートで,交互にブートすると時刻が9時間ずれる場合,ファイル /etc/default/rcS で UTC=yes を UTC=no に変更する( Ubuntu日本語フォーラム )。
    16.04からは /etc/adjtime
  8. UUID とパーティション       sudo blkid
  9. システム情報 Conky
          cat /proc/cpuinfo
          cat /proc/meminfo
          sudo lshw
  10. ホスト名(コンピュータ名)の変更 /etc/hostname /etc/hosts を編集する。
  11. パッケージを自動更新しない
          sudo sh -c "echo パッケージ名 hold | dpkg --set-selections"
    解除
          sudo sh -c "echo パッケージ名 install | dpkg --set-selections"
    状況
          dpkg --get-selections
  12. デバイス名の非表示
    ファイル /etc/udev/rules.d/99-hide-disks.rules を作成する。
    KERNEL=="sda1", ENV{UDISKS_IGNORE}="1"
    KERNEL=="sda2", ENV{UDISKS_IGNORE}="1"
    KERNEL=="fd*", ENV{UDISKS_IGNORE}="1"
    
  13. Apportによるバグレポートの非表示 www.webupd8.org
    ファイル /etc/default/apport で enabled=1 を enabled=0 にする。
  14. sudo のpassword持続時間の変更
    sudo visudo で /etc/sudoers を編集
          Defaults timestamp_timeout = 10
  15. Grubメニュー非表示
    ファイル /etc/default/grub で GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0 を有効にし sudo update-gub を実行する。
  16. サービス(デーモン)
    一覧      systemctl -t service
    停止      sudo service サービス名 stop
    開始      sudo service サービス名 start
    自動起動OFF       sudo systemctl disable サービス名
  17. 設定データベース編集 Gnome2 : gconf-editor Gnome3 : dconf-editor
    どのキーが変更されるか dconf watch /
    設定値のリスト dconf dump /
  18. 修復ディスク Boot Repair boot-repair-disk
    HDバックアップ Weekly Recipe 121 Redo Backup  Systemback
    ターボ・ブーストの確認 Weekly Recipe 308
    LTS版のカーネル変更 Weekly Recipe 278
    UEFI  abten help.ubuntu JPWiki kledgeb

Ubuntu で DVIOUT を動かす [↑]

Wine を使うと Ubuntu で dviout が軽快に動き xdvi の代わりに使える。
  1. Synapticパッケージマネージャ → 検索 → wine でインストールする。あるいは端末で
          sudo apt-get install wine
    でインストールする。この場合,ttf-mscorefonts-installer の使用許諾契約書(EULA)のところで,TABキーで <了解> を反転させ Enterキーを押す。インストールが終了したら,端末で
           wine winecfg.exe
    として wine設定 を起動し,何もせずに終了する。ホームディレクトリにフォルダ .wine が作られる。
      .wine ----- dosdevices   
              |-- drive_c ----- Program Files ----- Common Files
                            |                   |-- Internet Explorer  iexplore.exe
                            |
                            |-- users ----- Pbulic
                            |           |-- username
                            |
                            |-- windows ----- Fonts  空
                                          |-- system   
                                          |-- system32 
                                          |--
    
    フォルダ ~/.wine/drive_c が C:¥ になる。 Z:¥ は Ubuntu のルートディレクトリ / を表す。
  2. DVIOUTW32TeX から TeX と Ghostscript をダウンロードしてインストールする。Ubuntuにインストール済みの TeX, Ghostscript と競合することはない。
    • W32TeX は drive_c にフォルダ tmp を作成し,この中にファイルをダウンロードする。フォルダ drive_c/usr/local を作成し,ここに texinst2015関連の実行ファイルをコピーする。drive_c/usr/local をカレントにして
          wine texinst2015 c:/tmp
    を実行する。
    •端末で
          wine gs916w32full-gpl.exe
    として gs をインストールする。インストール先は C:¥gs とする。
    • dviout で用いるフォント
    BAKOMAフォント( fixbkm.exe ) をダウンロードし
          wine fixkm
    とすると drive_c/windows/Fonts に BAKOMAフォント が解凍される。日本語フォントは Wine経由で Ubuntu にインストールされてるttfフォントも使えるようだ。
    • drive_c/dviout にダウンロードした tex318w.zip を置き,端末で
          unzip tex318w.zip
    とする。
          wine dviout
    とすれば dviout が起動する。dviout の設定は Windows と同じに行う。日本語フォントは dviout の
          Option → Setup Parameters → WinJFont
    で jfm が min のとき Change Font をクリックして TrueType Font のリストから IPA明朝 あるいは Takao明朝 を選択し save,適用 をクリック。同様に,jfm が gothic の場合 Font を IPAゴシック あるいは Takaoゴシック にする。縦書き用は?。
  3. 実行ファイルがあるフォルダを Wine の PATH に追加する。インストールフォルダを
          dviout : drive_c/dviout       gs9.16 : drive_c/gs      W32TeX : drive_c/usr/local
    とする。フォルダ .wine にあるテキストファイル system.reg をエディタで開き,一番下の方にある( 大/小文字区別で PATH を検索 )
          "PATH"=str(2):"C:\\windows\\system32;C:\\windows;C:\\windows\\system32\\wbem"

          "PATH"=str(2):"C:\\windows\\system32;C:\\windows;C:\\windows\\system32\\wbem;C:\\usr\\local\\bin;C:\\gs\\bin;C:\\gs\\lib;C:\\dviout"
    に変更する(↑は1行 ) 。gswin32c が
          While reading gs_res.ps:
          Error: /rangecheck in --getinterval--
          ......
    となり動かない場合,環境変数 GS_LIB を設定する。system.reg で PATH の下あたりに
          "GS_LIB"=str(2):"C:/gs/lib;C:/gs/Resource/Init;C:/gs/kanji"
    を追加。端末で Wine のレジストリ・エディタ regedit を起動して
          HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Environment
    で PATH を変更,GS_LIB を追加してもよい。
  4. 試しに,端末で
          wine dviout c:/dviout/GRAPHIC/PS/epsfdoc.dvi &
    としてゴルファーとトラが表示されれば成功( C:¥gs¥examples から golfer.eps, tiger.eps を epsfdoc.dvi と同じフォルダに golfer.ps, tiger.ps としてコピーし,golfer.bmc, tiger.bmc があれば削除する )。dviout のニコニコボタンをクリックすると W32TeX の dvipdfmx で PDF に変換できる( ホームディレクトリにPDFファイルが作成される場合もある )。
    HDDの場合,dviout の初回起動にはかなり時間がかかるが,2回目以降は直ぐに起動する。
  5. ファイルマネージャでの関連付け
    関連付け の dviout.desktop を作成して行える。
  6. wine platex により W32TeX の platex でコンパイルできる。ls-R がないとコンパイルに時間がかかる。wine mktexlsr とすると W32TeX の ls-R が作成できる。

Windows Vista と Ubuntu 8.10 のデュアルブート

ハードディスクを増設して,増設したHDに Ubuntu をインストールするのが,簡単で安全な方法かも?(以下は,実際には試していない ) 。
  1. 1つのハードディスクからデュアルブートの 2. を参照して Ubuntu の CD を作成する。
  2. BIOS で増設HD の接続を ON, Windows がインストールされている HD は OFF にする。これで誤操作により Windows のHD を変更することはない。
  3. CD から起動し Ubuntu を増設HD にインストールする。
  4. BIOS で Windows の HD を ON にし,Boot の順番を 増設HD, WindowsのHD の順にする。
  5. Ubuntu の起動メニューに Windows はない。Ubuntuを起動後,端末で
          sudo update-grub2 あるいは sudo update-grub
    を実行する。あるいは,カーネルがupdateされると自動的に実行される。再起動すると起動メニューに Windows も現れる。
  6. 失敗しても,Boot順を WindowsのHD 優先にすれば Windows は起動するはず。
  7. Windows のHDが1台目( /dev/sda ),Ubuntu の増設HDが2台目( /dev/sdb )の場合
          /boot/grub/device.map

          (hd1) /dev/sdb
    を追加する ?
1つのハードディスクからデュアルブート
Vista のパーティション分割機能と EasyBCD を使うと,Windows のブートメニューによるデュアルブート化が,比較的簡単にできる。ただし,最悪,Vista が起動しなくなる可能性もあるので慎重に。また,内容に間違いがあるかもしれないので
      ubuntu vista デュアルブート
などでネット検索して内容を比較する。
ケーズメモ ( EasyBCDを使わないデュアルブート化 )
Ubuntu日本語フォーラム

フリーのパーティション編集ソフト

ハードディスクのパーティションが
RECOVERY D:
OS C: Vista
だとする。
  1. OS C: を2つのパーティションに分割する。
          コントロールパネル → 管理ツール → コンピュータの管理 → ディスクの管理
    で OS C: の部分を右クリック → ボリュームの圧縮 を選択する。圧縮する領域のサイズ が新たな未使用領域のサイズになる( ボリュームの拡張 で元に戻せる )。ハードディスクのパーティションは
    RECOVERY D:
    OS C: Vista
    未使用領域
    になる。未使用領域に Ubuntu をインストールするのでフォーマットはしない。
    圧縮する領域のサイズが数GBしか取れない場合
    ・ディスクのクリーンアップを行う。
    ・一時的に
           コントロールパネル → システム → システムの保護 → システムの保護
     で C:ドライブのチェックマークを外しシステムの復元を無効にする。
    これで圧縮する領域のサイズ を大きく取れるかもしれない。 システムの復元を有効に戻しておく。 デフラグも効果があるかもしれない。Windows標準のデフラグは時間がかかるので,例えば Auslogics Disk Defrag ( Free ) を使う。
  2. 日本語ローカライズ版 あるいは [ここ] から Ubuntu8.10 の 32bit版または 64bit版のISOイメージファイルをダウンロードし CD に書き込む。単にコピーするだけではダメでCDライティングソフトを使う。 例えば ISO Recorder
    既に,Ubuntu を使っている場合
          システム → システム管理 → USBスタートアップ・ディスクの作成
    で作成した USBメモリ を使うと,インストール時間が CD に比べて大幅に短縮できる。
  3. Ubuntu の CD からパソコンを起動する。DELL のパソコンなら起動時に F12 を 押せば起動するメディアを選択できる。このような機能がない場合,BIOSでCD/DVDメディアのブート順序をハードディスクより先にする。
  4. 起動したら
          Ubuntuをインストール(I)
    を選択しインストール開始。[ここ] のインストール画面参照。
    Ububtu 10.04 については 8.参照
    注意点
    • ディスクの準備 手動 を選択し空き領域( 1. で確保した未使用領域 )にインストールする。使用領域として表示されている部分には Vista が入っているからいじらない。空き領域(例えば40GBとする)をクリックし
            サイズ 38GB      利用方法 ext3      マウントポイント /
      として OK をクリック。再び空き領域をクリックして
            サイズ 2GB(残り全部)      利用方法 スワップ領域
      として OK をクリック。これが最も簡単な分割で,空き領域を2つのパーティションに分割する。swap のサイズは適当( 実メモリと同じ容量 ? )。
      ディスクの準備 の画面で,上にあるバーをスライドするとパーティションを縮めて空き領域を作ることができ 1. の操作は不要のようだが,試していない。( 芦田研究室 参照 )。
    • 最後の確認画面で 拡張 を押し ブートローダをインストールするデバイス として マウントポイント / のパーティション を選択する。ここを間違うと Windows のブートメニューによるデュアルブートができない。
      拡張 を経由せずに Ubuntu をインストールしても,Ubuntu のブートメニューから Vista は起動できる。この場合,5.以下は不要。ただし,Ubuntu を削除すると Windows は起動できず再インストールする必要があるだろう。
    後はインストール終了を待つだけ。
  5. インストールが終了すると CD を取り出してEnterキーを押す指示がある。指示通りするとパソコンが再起動する。何事もなかったかのように Windows が起動するが,これで正常。
  6. EasyBCD によるデュアルブート
    EasyBCD をインストールする。 Ububtu9.10以降の ext4 で,EasyBCD 1.7.2 によるデュアルブートできないなら,次項の方法で行う。
    ---------
    一度,EasyBCD の操作を間違い PC が起動しなくなったが,リカバリーディスクでVistaの再インストールをせずに修復できて一安心。EasyBCD の使い方を調べてから行いましょう。
    ---------
    EasyBCD を起動して
          Add/Remove Entries
    を選択し
          Linux
          Type: Grub
          Name: Ubuntu 8.10( 適当。Windows のブートメニューに表示される )
          Drive: Ubuntu をインストールしたパーティションを選択
    として Add Entry を押して EasyBCD を終了する。パソコンを再起動すれば Windows のブートメニュー
          Windows Vista
          Ubuntu 8.10
    が現れ,Ubuntu 8.10 を選択すると Ubuntu のブートメニューになる。
    Ubuntu に startupmanager をインストールすると GUI で Ubuntu のブートメニューを変更できる。
  7. EasyBCDを用いない Ubuntu日本語フォーラムtaka8aru 参照。
    grub4dos-0.4.4.zip をダウンロードし Windows の C:\ に grldr と grldr.mbr をコピー。
    • Ubuntu9.10以降でext4フォーマットの場合, 以下の4行からなるファイル C:\menu.lst
         timeout 0
         title Linux
         find --set-root /boot/grub/core.img
         kernel /boot/grub/core.img
    を作成する。timeout行は title行よりも前にあること,なくてもよい。3行目は
         root (hd0,4)
    でもよい。ただし hd0,4 は Ubuntu のパーティションに合わせる( DualBoot Win7 - Fedora )
         /dev/sda2 → (hd0,1)  /dev/sdb1→ (hd1,0)
    なお,/boot/grub/core.img ではなく /boot/grub/i386-pc/core.img の場合もある。
    • XP の場合,隠しファイル C:\boot.ini をエディタで開き,最後の行に C:\grldr="Linux" を追加・保存し再起動する。
    • Vista, Windows7 の場合
     スタート → すべてのプログラム → アクセサリ → コマンド プロンプト
    で右クリックし「管理者として実行」を選択する。
    コマンド プロンプト で
       bcdedit /create /d "Ubuntu" /application bootsector
    を実行すると
     {????????-????-????-????-????????????} は正常に作成されました。
    と表示される。? は英数の1文字。この部分を {...} で表すと
       bcdedit /set {...} device partition=C:
       bcdedit /set {...} path \grldr.mbr
       bcdedit /displayorder {...} /addlast
    を実行する。/addfirst とするとブートメニューの最初に表示される。 最後に,単に bcdedit を実行して リアルモードブートセクター に表示されることを確認し再起動する。
    Ubuntu を既定のブートにするには
       bcdedit /default {...}
    Windowsのブートメニューから削除するには
       bcdedit /delete {...}